「竹原市新庄〜本郷」 近世西国街道散策  2004/3/21(日)

10時   新庄バス停下車 10時25分出発  16時前 JR本郷駅解散  11km。

田んぼでは耕運機で田おこし。ツクシ取りの家族ずれ。天候は寒くもない、うす曇り 途中パラパラと小雨。

広島空港(本郷)離発着する飛行機を何度も見る。新庄では空港の赤い誘導路遠くに見えました。

古代の山陽道があり 馬が走った道。古墳、謂れのある神社多い。

2回目の散策となります、サテライト山陽駐車場横から日名内の街道。  以前 通行不能であった所。

今回は倒木、粗大ごみ避けながら 何とか通ることできた。感動した。一里塚跡辺りに石垣あった。

行程

横大道→瓦坂峠→日名内→南方神社→貞丸古墳→御年代古墳→梅木平古墳→心光寺

甑天満宮→菅公御手堀井戸→沼田川越え・常夜燈→寂静寺→恵美須神社→本郷駅

 森の国スタンプラリー  梅木平古墳・菅公手堀井戸・楽音寺でスタンプ押しました

健康への道100選

  横大道

ここから瓦坂峠へ

雨乞い地蔵

台石「寛政七年(1795)三月二十四日
堂島正五郎建立」記銘  

   瓦坂峠

熊笹が胸までありました。

小川にクレソン。

  サテライト山陽(けいりん場外車券売り場)

街道は駐車場の横へ  

   日名内峠

前は荒れて通行できなかった。

今回は粗大ごみ・倒木さけて通行しました。

一里塚跡には石垣ありました。

   街道  国道2号線横切る

日名内から追分へ

  南方(みなみがた)神社の境内で昼食 

二本松古墳の石棺ありました。

境内にある石棺の実物大の複製が福山市にある
県立歴史博物館に展示してある。
棺の蓋が屋根の形に似ていることから、
家形石棺と呼ばれています。
棺の内部は、腐敗を防ぐためや呪術的な意味から
ベンガラで赤く塗られています。また、石棺の石材は、
兵庫県加古川市で産出する竜山石が用いられており、
当時の有力者同士の政治的繋がりや、
流通の様子などを物語っています。

 
 

 通行手形あらためました

「新庄」は梅のつぼみ。

   貞丸古墳

  昭和24年10月28日 県史跡指定


玄室(奥行4.5m、巾2m、高さ2.15m)玄室には
一基の家型石棺(長さ2.2m、巾1.1m、刳抜形)が
置かれ蓋石は持ち出されたものか紛失している。

この古墳は御年代古墳の西方約300mのところにあり、
古墳時代後期のもので、御年代古墳と同様に山裾
を穿ち石室を築いた横穴式石室であるが今日では
封土は削られ畑地となり明確なことは分からないが、
円墳と推定されている。
2号古墳 芸予地震で壊れ
05/1/26修理終り 円墳 元の姿に

御年代古墳 昭和8年4月13日国指定史跡
 
 玄室は長さ3,45m、巾2m、中央に花崗岩の石棺
(長さ2,4m、巾1,05m、高さ97cm、刳抜形)があり、
前室は長さ2,7m、巾2m、この玄室の中央にも家形石棺
(長さ2,25m、巾1,25m、高さ87cm、刳抜形)がある。
この古墳は明治28年村人が国道修理用の石材を割石した
ところ、羨道の一部であったことから発見されたものである。
特に、この石棺の蓋石は両方共、屋根形で表面も非常に
優美に削られている。このような横穴式石室は大陸に発達
した墓制の影響を受けて6世紀−8世紀の間に於いて我国
でも流行したもので、この古墳の如く玄室が複数の複室墳は
その影響の最も顕著ななものであろう。
特に玄室の天井や羨道は巨大な一枚の截石で立体的に築造され、
計算し盡された精緻な内部構造は優れたものである。
そして巨石運搬の技術、石の刳り抜き、研磨の技術、
構築方法のこれらの全ては恐らく大陸伝来の新技術に
よらなければ不可能であったと考えられる。
なお、この古墳は今から1300年位前の築造と考えられ、
日本に慚やく文字が渡来した頃のことで古墳の主の名前も
知ることはできないが恐らく沼田地方の小部落国家の首長
の墓であろう。
石棺の中から発見された副葬品(金環1、金張環2、銅環1、
剣1、その他)は国立東京博物館に収められている。
   南方村役場之跡

大正時代まで使われた

   本郷中学校の西側
梅木平古墳 昭和24年10月28日県史跡指定
梅木平古墳 
奥行13.1m、巾2.9m、高さ4.2m
梅木平古墳は下北方宮地川にあり、6世紀末から7世紀初頭
にかけられて造られたと考えられている。6,7世紀の後期古墳
は家族墓の性格が強くなり、山麓に群集墳を形成するようになる。
広島県最大の横穴式石室であり、日本の巨石墳の列に並ぶ
規模を持っている。石室は入口を東に向け開口しており、
玄室奥は両袖、前は片袖で、羨道と玄室とに区別している。
奥壁には、巨石が三段に、側壁には、三段ないし四段に、
積まれており、巨石の隙間には、小さな石が、補ってあり、
天井には、玄室に四枚、羨道に四枚の巨大な石を架けてあり、
側壁は、天井に向かって大きく持ち送り、玄室の天井では、
幅1.8mにまで狭められている。
玄室の床面には、小壁が露出している。副葬品などについては
明らかでない。今から約1350年前、その規模から淳(沼)田佐伯部
を管理した佐伯直など、有力支配者の家族墓と考えられる。
正徳5年(1715)の名所旧跡帳には、「梅慶俺塚」と記されている。
この古墳を中心にして数百の箱式古墳が散在していて、古代には
大聚落であったことが想像される。東に接する寺院跡、横見寺址
(奈良前期の建立)はこの古墳に葬られた氏族の氏寺的のものと
して注目されている。
古墳の墳丘上にある小堂には、この寺にあったものと考えられるが
朽損した平安前期の仏像二躯が祀られている。
  心光寺

街道時代の石垣を残す

 
  専教寺 
   甑天満宮(こしきてんまんぐう)
  菅公御手堀井戸

森の国スタンプラリー  

常夜燈  沼田川渡る

本郷橋のたもとに常夜燈がある


2018年7月6日(金)〜7月9日(月)西日本豪雨 土砂崩れ氾濫相次ぐ。
平成で最悪の被害に。
沼田川氾濫。本郷取水場の送水ポンプ停止。尾道・三原両市で断水。

中国電力(株)沼田西変電所浸水、送電できなくなった。

   寂静寺
  恵美須神社

境内に鯛の2枚合わせの鳥居
手洗いの鉢の水溜めも鯛の形・唐獅子 
子供を連れている。

 

西条四日市宿←竹原市新庄→本郷宿

関連サイト

本郷宿〜竹原新庄 散策

TOP