海田市宿 探訪 広島県安芸郡海田町 2014/10/26(日)




コース
海田市駅→千葉家住宅→脇本陣跡→熊野神社→灘道→大師寺→清正寺→一里塚跡→三宅家住宅
→胡子神社→胡神社・荒神社→海田市駅

9時45分 JR海田市駅 北階段下 集合
海田市ガイドの会説明
瀬野川の位置は・・・・この辺り土手。

10時5分   4班に分かれて出発

菱屋平七が「筑紫紀行」に
浜手を廻れば海田市宿広島より是まで二里、人家八百件、
大形瓦葺きにて宿屋茶屋商家多し
賑わいぶりを記しています
 
千葉家住宅 

2002/5/26(日)散策会。2013/4/25(木) 千葉家住宅見学


家紋
千葉家の家紋「月星紋」は、千葉一族の代表的な定紋であり、
北極星または北斗七星を神格化した「妙見神」を表すとされています。
千葉家庭園奥にも、妙見神が祀られています。
御用箱
千葉家は江戸時代を通じて、宿場町海田の「天下送り役」「宿送り役」を
務めました。この箱は、その際に使用したもので、中に書状や荷物を納め、
金具に棒を通して運搬したと思われます。「海田市」
箱の前面には「天下於くり」裏面には「宿送役」
側面には「御用」と書かれています。全国に見ても、
使用者が特定できる
御用箱はめずらしく貴重な資料といえます。 
中店  脇本陣跡 加藤家(猫屋)
屋号は猫屋といい、広島の猫屋町からやってきました。
海田市の庄屋などの役職を務め、
脇本陣としての役割もしました(家老などが泊る)。
明治になると安芸郡の郡役所がありました。
 御茶屋(本陣)跡
新宮の西隣に設置され 西国大名たちの宿泊に利用されました。

熊野神社 新宮(明治6年に熊野神社と改称)
1654年(承応3年)庄屋猫屋次郎兵衛が願主となり建立。
1704年社殿造営。1825年(文政8年)
拝殿再建。江戸時代(文化・文政)の石造物や絵馬などがあります。
灘道
西国街道が整備される以前、東西を結ぶ道として利用されていました。
道沿いに加藤缶楽(ふらく)や植木源兵衛の墓、楠木地蔵などがあります。
 
 月光山大師寺
1830年(天保元年)開基。広島新四国八十八ヶ所35番霊場。

登山入口 
日浦山(ひのうらやま)345,9m  2004/3/16(火) 



馬の背のように山の尾根伝いの道 下ります

清正寺 

お百度札があります。
 明顕寺
1541年(天文10年)開基。第二次長州戦争で戦死した高田藩士の墓や、
芸州鋳物師筆頭総代の
名工植木(金屋)源兵衛作の梵鐘があります。
胡子(えびす)神社 稲荷町  火の見やぐら 
 胡神社 荒神社  新町
三宅家住宅から小路、そで壁通り
最近まであったお好み焼き屋・防火用水のあったお宅
見ながらJR海田市駅で全員の集合写真撮り。
12時30分 解散。 駅南側で3人で昼食 JR13時56分乗車。
10月26日(日)サイクリングしまなみ
今治―因島北IC間約46kmを6時間通行止めにし
瀬戸内しまなみ海道で開かれた
日本を含む32カ国・地域の約7300人が「サイクリストの聖地」駆け抜けた。
広島県が愛媛県と3月から開催した「瀬戸内しまのわ2014」の最後を飾るイベント

INDEX